18
3月

香典返しの相場は時代や地域の習慣のほか宗教などにより違いがあるため確認する事が大切

お香典を渡すのは故人の供養やご遺族に対しての気持ちの表れなので、昔は香典返しを行なわないのが常識でしたが、近年ではその考え方も変わり相場も一律ではなく、地域ごとに違いがあったり宗教によっても違いがある場合が多くなっていますので、地域や宗教に合わせて準備を整える必要があります。一般的には判返しと呼ばれ、ご香典の金額に対して50パーセントの品物を準備して返す事が多いですが、関西あたりでは30パーセントの品物を返す事が多くなっています。この相場は喪主が忌明け後にお返しを持参する、昔の形の場合には香典の金額に合わせて準備をすることが可能でしたが、最近の葬儀では、葬儀の当日に渡す即返しが主流になっているため、3千円程度の香典返しを一律で準備し、金額が多かったり香典と別に供物を頂いたりした時に、忌明け後にお返しの品を新に準備し礼状を添えて送ったり、持参して挨拶に伺ったりするようになっています。葬儀の作法というのは、参列した出席者や親戚の間で話の種になりやすい事柄です。地域で行なわれている事と違う事を行なうとより一層話題になりやすいので、地域の習慣やしきたりに合わせる事は意外と重要になってきます。遺族の中に詳しい者がいない場合には、葬儀社の方に相談を行なうのが一番の方法です。あらゆる地域の情報に詳しいですから、香典返しの相場で失礼になってしまうような返礼品を選んでしまう可能性を避けることができます。


No comments yet

15
3月

香典返しの相場を調べています。

祖父が亡くなって葬式を済ませた後なのですけれど、その際に受け取った香典返しの相場を調べています。来式された方々は大体200人前後だったのですけれども、その人数に対してどの程度の物を返していけばよいのか悩んでいるんです。個々人で頂いた香典はそれぞれ違います。下は千円から上は2万円までですので、かけて頂いたお金の分の事を考慮すると品物として香典返しを送る場合には皆に全て同じ物を送付するにもいかないような気がします。個人的には香典返しが全て一緒の物で良いと言うのでしたら大変楽ですし、コストもかからないので良いのですけれど、実際の所それでは高額な物を選ぶ訳にはいかなくなりますし、安い物になってしまいます。2万円も頂いた方にはこれでは失礼に値する事になってしまうのではないかと危惧をしてしまいます。そういう部分が気になってしまい、まだ返しを選んでいない状態なのですが、相場を調べてみますと二部返しとか三部返しとかが基本との事で、どうやら半額の品を返すのが相場が相応しいとの事です。また高額な香典を頂いた方にも、どうやら同じような皆に返しをするような安い物を送付しても常識的な対応になるとの事ですけれど、2万円が高額なのかと聞かれると不安になってしまいます。5万以上は高額との事ですので、やはり2万円の香典を頂いた方には1万程度で返しを設定しておいた方が相手に対しても角が立たなくて良いのかなと考えてもいます。


No comments yet

13
3月

香典返しに最適な品物とは

香典返しに何を差し上げたらよいのか、お返し選びに迷う方もいらっしゃることでしょう。香典返しとは、葬儀のときに、お世話になった方や、葬儀に参列していただいた方へお渡しするお礼やお返しのことを言います。香典返しの本来の意味は、四十九日の法要、納骨が終わり、故人が無事に旅立ちましたという報告の意味や、葬儀に参列していただいたときのお礼を込めて、お返しを贈ります。お返しの品物を選ぶ際に気をつけなければならないことがあります。それは、昔から伝えられてきたことで、形に残らないものがよいとされてきています。その理由は、不祝儀のお返し、お礼になるので、後に残らないものがよいのです。相手の負担にならない消えてなくなるものがよいでしょう。たとえば、タオルやせっけん、洗剤などの日用品や、お茶やコーヒー、砂糖などの食べ物やお菓子でもかまいません。最近では、お菓子を贈る方も多いです。香典を会社などの団体でいただいたときには、みなさんに召し上がっていただけるように、お菓子やコーヒーの詰め合わせでもよいでしょう。できるだけ無難な品物で、使えばなくなるものが最適でしょう。食器や寝具などは、いつまでも形が残ってしまうものは、歓迎されない品物であるため、贈ってはいけません。本来は、香典でいただいた金額の半額をお返しするのがマナーなのですが、遺族の負担もありますので、いただいた金額の三分の一でもかまいません。地域の慣習によっても違うので、注意が必要でしょう。


No comments yet

13
3月

最近の香典返しの人気の品物

香典返しの相場と言うと、その地域によって違う場合、その家のしきたりなどによって違う場合、亡くなった人の立場によっても違う場合があったりで一概に言えない。最近の特徴としては、当日返しがとても増えてきている。だから、参列する側も黒い袋なり、風呂敷のような物を持つようにしている人も多い。当日返しがあったら、それを入れるために持っているのだ。まれに、当日返しが、缶詰セットなどかなり大きい物の時があるが、そういう物の場合はたいてい紙袋に入った物を渡されるのでそのまま持てばよい。とにかく最近は当日返しがとても多く、品物は高級焼き海苔や、お茶セット、お茶とお菓子セットなどがとても多い。こういう品物ですと、そんなにかさばらないし、使えばなくなる物なので貰うほうにとっても気が楽であろう。寒い時には紅茶と袋に入ったケーキのセットが香典返しにするのも、タイミングによって、あるいは人によっては気が利いていると感じるであろう。が、しかし、お茶もお菓子も好き嫌いがある。更に、カフェインを摂ってはいけない病気の人もいるし、糖分を制限しないといけない病気の人もいる。そういう人達にとってはあまりありがたくないお返しになる。ただし、香典返しといっても、形式にこだわれば3分の1返しだったり、2分の1返しだったりするのだが、その金額で選ぶ品物はそんなに選択枠が広くないであろう。そんな中、カタログギフトの人気が出てきている。これはいいアイディアであろう。こういうお返しも気持ちの問題とはいうが、何をお返しするか、という事は結構頭を悩ませる問題である。


No comments yet

Back to top