香典返しで失敗しないための品物

香典返しとは、お葬式の香典のお返しです。一般的に半返しが常識と言われ、頂いたお香典の半額程度を目安にお返しを選びます。最近では三分返しや、送料込みの半返しといったケースも多くあります。故人との付き合いの深さによっても金額は異なってきますので、あくまでも参考程度になります。物自体は消耗品など後に残らないものが良いとされます。貰ったはいいが押入れに眠っている商品や、リサイクルショップに売られてしまう品物もたくさんあります。例えばシーツやタオルケットなど繊維系の品物は新しいものになかなか代えないため余ってしまいます。自分の家でも余っているものは送らないようにするのがよいです。お歳暮やお中元、結婚式の引き出物でも言えることですが、贈られた人全員が喜ぶものを考えると家庭の状況まで考えて選ぶことになるので非常に難しくなります。半分以上の方が喜んでくれるなら上等です。大人数で考えるとお互いの意見を尊重し悩んでしまい、いつまでたっても決まりません。香典返しは亡くなった人らしい品物を選ぶのもよいです。好き嫌いを避けるために商品券を選ぶ方もいますが、気持ちをお金で返されたくない、といった不快感を与えてしまうこともあるので注意が必要です。悩んで当然のことですし、悩む時間があってもよいものです。大いに悩んで、喜んでもらえるものを贈りたいと言うその気持ちが一番の贈り物になります。香典返しはデパートで買う以外にも、インターネットやギフトショップ、通販でも買うことができます。