香典返しに最適な品物とは

香典返しに何を差し上げたらよいのか、お返し選びに迷う方もいらっしゃることでしょう。香典返しとは、葬儀のときに、お世話になった方や、葬儀に参列していただいた方へお渡しするお礼やお返しのことを言います。香典返しの本来の意味は、四十九日の法要、納骨が終わり、故人が無事に旅立ちましたという報告の意味や、葬儀に参列していただいたときのお礼を込めて、お返しを贈ります。お返しの品物を選ぶ際に気をつけなければならないことがあります。それは、昔から伝えられてきたことで、形に残らないものがよいとされてきています。その理由は、不祝儀のお返し、お礼になるので、後に残らないものがよいのです。相手の負担にならない消えてなくなるものがよいでしょう。たとえば、タオルやせっけん、洗剤などの日用品や、お茶やコーヒー、砂糖などの食べ物やお菓子でもかまいません。最近では、お菓子を贈る方も多いです。香典を会社などの団体でいただいたときには、みなさんに召し上がっていただけるように、お菓子やコーヒーの詰め合わせでもよいでしょう。できるだけ無難な品物で、使えばなくなるものが最適でしょう。食器や寝具などは、いつまでも形が残ってしまうものは、歓迎されない品物であるため、贈ってはいけません。本来は、香典でいただいた金額の半額をお返しするのがマナーなのですが、遺族の負担もありますので、いただいた金額の三分の一でもかまいません。地域の慣習によっても違うので、注意が必要でしょう。